事務所の案内

リヒター・ウェルデルマン・ジェボレー・ホフマン特許事務所は135年前に設立されたドイツで最も歴史のある特許事務所であり、知識財産の保護の豊富な経験を提供しております。

chronik1873年、ブラント・ナブロッキの事務所はベルリンで設立されました。第5000号目のドイツ特許を出願したナブロッキ弁護士に敬意を表して発行された記念コインが当時の事務所の様子を物語っています。1894年にコンスタンチン・シュミットライン弁護士は当事務所の工業所有権部門の担当となり、弁理士法律の発効後1900年に最初の弁理士リストに登録されました。

第二次世界大戦後、事務所はハンブルグに移転、最初エルンスト・スプラーネマン弁理士は一人で事務所を運営。1963年にヨアヒム・リヒター弁理士の入社とともに現在の共同経営事務所を設立。さらに1973年にフランツ・ウエルデルマン弁理士、1987年にハンネス・ジェボレー弁理士、2000年にマティアス・リヒター弁理士が入社。1990年ベルリンに、ヨアヒム・リヒター弁理士が運営している第二の事務所を設立。

2000年、特許庁又は連邦特許裁判所の町ミュンヘンにもう一つの事務所を設立。アンドレアス・ホフマン弁理士の他、2007年以来クリスター・アーレント弁理士がミュンヘンの事務所に勤務。

トルゲ・チーレマン弁理士は2007年、カール・ペータース弁理士は2012年又はトルステン・ラスト弁理士は2013年, カーリン・ベルガー(理科工学士)は2014年以来、ハンブルグのチームを強化。