商標権とその他の標識権

商標として保護されるのはあらゆる記号、特に人名を含む単語、イラスト、文字、数字、号音、商品の形又はその梱包を含む立体的な形体、その他の色や配色を含む外貌を通して、その会社の商品又はサービスを他の会社の物と区別できるもの。

他の保護権と同様、商標権が効力をもっているのは登録された領地内だけです。ドイツ特許商標庁(DPMA)で登録された商標はドイツ連邦共和国のみで保護権を有しています。より幅広い保護が必要であれば、欧州共同体商標意匠庁(HABM)にて欧州連合内の商標権、又は世界知的所有権機関(WIPO)にて国際商標権を出願することができます。

商標権・標識権の分野におけるサービス

  • ドイツ商標出願、欧州商標出願、国際商標出願(ドイツ商標・ 欧州共同体商標・国際商標) 及び外国における商標登録
  • 国内・国外の商標調査
  • ドイツ特許商標庁(DPMA) 又はミュンヘンのBPatGやスペインのアリカンテの欧州共同体商標意匠庁(HABM)における異議申し立て、裁判を代理
  • 商標のライセンス
  • 商標についての争議、商標上の契約書の相談(フランチャイズ・商標のライセンス契約書)
  • 新しい商標作成や商標に関する戦略