特許評価

特許評価というのは特許の持つ経済的な価値の事をいいます。特許評価の目的は、例えば特許権又は特許権のポートフォリオの販売、決算、ローンの担保、又は国際出願戦略にあります。デューディリジェンス・分析の場合も特許の評価鑑定を必要とする会社があります。

鑑定人は、前提情報、評価方法、評価結果額が記載された鑑定書(評価書)を作成します。特許評価の鑑定人を務めるのは、例えば当該分野の法律上・技術上の知識を持つ弁理士です。特許評価の基準(英:Patent Valuation)は、通常、法律的・技術的・経済的な影響を受けます。もし特許評価についてのご質問があれば、喜んでお答えいたします。